<風俗情報>風俗の王道と言えばやっぱりソープランド

"ソープランドにおきましてはソープ嬢と呼ばれている女性が体中にローションを塗って、スケベ椅子やマットなどを使用して、男性に対し密着させるプレイが基本となっています。
最終的にはベッドに移動し本番行為をするというのが一般的なソープランドの性サービスとなります。
『「風俗」でわざわざお金を使って性欲を解消するなんてもったいない』と思われる男も確かにいることでしょう。
しかし、彼女や奥さんとは違った最高のテクニックを持つ「風俗」嬢はお金を払う価値は十分にあるのです。
ソープランドの正確な総額というのは直接お店にメールや電話で問い合わせるのが一番の方法となります。
初めてソープランドを利用される方というのは公開されている価格で遊べると勘違い気味にあるので気をつけて下さい。
ソープランドを利用する時には、入浴料とサービス料を足した総合計が必要となります。
しかし風俗情報サイトや風俗専門の雑誌などでは、総額ではなく入浴料しか掲載されていないのでご注意ください。"



<風俗情報>風俗の王道と言えばやっぱりソープランドブログ:2022-5-23

1週間前、母方の祖母が亡くなりました。
祖母はミーが大学生ぐらいのときに、
認知症の症状が始まり、
引き取ってしばらく一緒に同居していました。

当時のミーは
頭の中では祖母が認知症と理解しているのですが、
心では理解できずに、
きつく当たってしまったこともしばしばありました。

その後、運良く老人ホームに入ることが出来、
ホームの方もとてもよくしていただいていたのですが、
体質の調子を崩してからはどんどん症状がひどくなって、
こうなると、ムスメである母が行ってもわからなくなり、
一人では食べる事も取れない状態にまでなっていました。

そんな状況で、
ミーは、最後の最後まで祖母に優しくする機会を
失ってしまったような気がします。

本当はお見舞いに行っただけでも、
その思いは通じているのかもしれませんが、
心の中では「ごめんね」の気持ちの方が
いっぱいだったのかもしれません。

祖母が亡くなったとき、
ミーはちょうど友人と旅行中でした。
家族が気を使ったのか、
全て式を済ませてからミーのところに連絡が来たんですね。

その連絡を受けたミーには、
祖母が亡くなったというとても悲しくショックな気持ちと、
ちょっと寂しい気持ちがありました。

祖母が亡くなったところで、
すぐに行けるかわからないけど、
家族なんだからすぐに連絡してくれても良いのにと…

そこで、ミーは思い出したことがありました。
「役立たず」とか「自分がいなくても良いんだなぁ」という感情です。

お子様の頃のミーは、
いつもこの感情と一緒でした。

「ミーがいなくても誰も何も困らないし、悲しくもない」
と言う感じですね。
存在していても存在しなくても、誰も何も気が付かない感じです。