<風俗情報>店舗型の風俗よりもデリヘル人気が加熱

"デリヘルにおきましては、実店舗が用意されていなく、女性が自宅やホテルまで派遣される風俗となります。
基本的にデリヘルには受付をするための店舗がなく、男性はデリヘル業者と電話やメールで予約をします。
デリヘルや「風俗」というのは、何も東京や大阪などといった大都市だけに限られたものではありません。
地方でもあなたが求める最高のデリヘルや「風俗」を満喫することが出来るのです。
現在は店舗型のヘルスの開業が難しいことからデリヘルとして形態を変えて営業をしています。
法によりデリヘルとして開業するための手続きが店舗型よりも安易なためとなっています。
デリヘルのサービス内容としましては、店舗型のファッションヘルスとほぼ同じとなります。
そしてこれは当然のことですがソープランドとは違い本番行為をすることは出来ません。"



<風俗情報>店舗型の風俗よりもデリヘル人気が加熱ブログ:2022-9-27

わたくしの結婚生活も、
まもなく1年が経とうとしています。

いやぁ〜思い出しますね。
家内の両親に挨拶行ったときのことを…

わたくしのイメージでは…

あちらのママが和室に通してくれて、
少しすると、小ぎれいにした親父が
登場するって感じだったんですよね。

お茶を出されて、
その親父とぎこちない話が数分行われた後に、
沈黙になってしまって、
耐え切れなくなって切り出す…

「ムスメさんを、ぼくに下さい!!」

…またもや沈黙の後。
コクリとうなづく親父…

みたいなことを考えていました。

そして、
わたくしにとっての「その時」は、
昨年の正月でした。

わたくしが家内の実家に訪れると、
親戚がたくさん来られていました。
正月の賑わっているときですもんね。

今までバタバタと走り回っていた、
甥っ子や姪っ子たちも、
「そっちの部屋にいっちゃダメよ!」って感じで、
別の部屋に連れていかれ…

家内の親父とわたくしの二人にされてしまいました。

そこでは、本当に他愛もない話しかできないし、
上の空だから、今でも何を話したか覚えていません。

案の定、二人とも話すこともなくなって、
沈黙に…

そして、ついに「その時」が来ました。
座っていた座布団から、飛び降り…

「お義父さん、ムスメさんと一緒にさせて下さい!一生大事にします!!」
と言って、頭を下げました。

家内の親父さんは、
コクリとうなづくわけではなかったですが、
「なにもできないムスメだけど、こちらこそよろしく頼むわな。」
と、優しく微笑んでくれました。

このとき、
なんとも言えない安堵を感じたことは、
今でも鮮明に覚えています。